身を守るために剣道の防具を身に着けよう!

選手

衝撃から守るアイテム

竹刀

きちんと合ったもので

剣道といえば年齢や性別に限らず実施することが可能なスポーツとして認識され、日本はもちろん最近では世界にも広まりメジャーとなっています。もっともスポーツではありますが、やはり剣道はあくまで武術でもあります。それゆえに竹刀による衝撃はなかなかのものがあり、安全に実施するためには防具が必要不可欠となります。そんな剣道の防具はおもに面や小手、胴や垂といったものがあります。その基本的な選び方としてはちゃんとサイズの合った物で、かつ衝撃性や耐久性に優れており、使い勝手の良さやメンテナンスのしやすいものが良いでしょう。さらに見た目のデザインなどにもこだわっても良いです。しかし、やはり重要となる項目は衝撃性やサイズといったところでしょう。とくに初心者の場合は衝撃から身体をできるだけ守ってくれる防具をメインに選んだ方が無難です。また予算によってもやはり購入する防具は違ってきますので、価格の違いも注意が必要です。ちなみに剣道の防具の価格は、使用されている素材や仕立てによって変化が生じる傾向にあります。一概に価格が高ければ良くて低ければいまいちな防具といったわけではありません。なので、価格は参考にしつつも、やはりサイズが自分に合って衝撃性に優れた動きやすいものを選ぶことが重要です。また一つ一つ単品で購入しても良いですが、一式セットになって販売されているものもあります。そして、このセットも年齢別になっていたりする場合もあるので、年齢に応じたものを購入すると大変便利です。

剣術の道具を洗う方法

選手

剣道の防具は自分でも洗う事ができるため、臭いが気になったら洗う手順を確認して、汚れや汗を落としましょう。防具の洗い方としては始めに大きな容器の中に浸け込みをして、汚れを落としてから洗濯機で洗いとすすぎを行います。

かしこい保管方法

面と籠手

剣道防具は稽古後のメンテナンスと保管方法が大切です。物を大切にすることも修行です。稽古で汗が付着した防具は面タオルなどでしっかり拭き取って日陰で干します。手入れ後は通気性の良い場所で保管します。さらに防具のクリーニングや点検を行うことで寿命を伸ばすことができます。

店員の意見も聞いてみよう

構える人

剣道の防具を選ぶ場合は、自分に合ったサイズのものを選んでください。衝撃を吸収する防具は重いと動きにくいこともありますが、初心者の場合はまずは衝撃吸収性が高いことを優先してもよいでしょう。オーダーメイドをしているお店もありますが、まずは店員さんの意見を参考にして選ぶのもひとつの方法です。