身を守るために剣道の防具を身に着けよう!

剣道

かしこい保管方法

面と籠手

手入れ及び保管方法

剣道防具は稽古によって自分の身を守ってくれるものですが、同時に汗を吸収しますので、放置しておくとカビが生えて防具の寿命を早めてしまいます。剣道防具を長持ちさせるためにも、正しい手入れと保管をする必要があります。まずお手入れの方法についてご説明します。稽古が終わった後は防具をそのままにせず、必ず面タオルなどで水分を拭き取って風通しの良い場所で乾かします。その時に日陰干しで乾かすと湿気が取れて清潔を保つことができます。特に面や小手は汗を吸収しやすいので注意が必要です。小手は汚れ易い箇所ですので、丁寧なお手入れが必要になります。稽古後は軽く引き伸ばしてから乾かすようにします。胴は天然皮を使っているものだと湿気によって伸びてしまうこともあります。また、竹刀油が付着しやすいのでよく拭き取ることが大切です。最近では剣道防具をクリーニングしてくれるサービスもありますので、年に一度は利用するとさらに快適に使用することができます。次に保管方法についてご説明します。剣道防具を乾かし終わったら、通気性の良い場所で保管します。その時に殺菌消臭剤を吹き付けておくと清潔に保管することができます。頻繁に稽古をされている方や久しぶりに使用される方は防具の点検に出すことをおすすめします。防具も消耗品ですので、日頃のメンテナンスや保管が大切です。長く使用するためにもしっかりと手入れを行うとともに適正な場所で保管しましょう。防具を大切にする心も修行となります。